石彩空間のこだわり

石彩空間の想い

当社は、江戸末期より石材業一筋に営んでまいりました「石屋」です。

創業当時から数十年前までは「山」から石を切り出し、コツコツと手作業で、墓石・お地蔵様・記念碑・石塀、身近なものでは家の土台石・釜戸・石臼といった製品を造り上げていました。

時が経ち、機械の発達や流通の発展により、現代では国内のみならず世界各国の天然石を用いて良質な製品をご提供できるようになりました。

だからこそ、天然石の魅力を身近に感じていただけるよう、
様々な場面に適合したものをご提供しています。

「石屋」である限り、ひとりひとりが石の知識・加工技術を熟知した石工集団でなければならないと考えています。

石屋ならではの視点で、適した石を適した形状で適した場所に用いることで、雰囲気の良い空間を造り上げます。

創業当初の「コツコツ」という言葉を胸に置き、石に関する知識や加工技術を兼ね備えた上で、現代のニーズに適合したものを提供していく事が当社の想いです。

石の魅力

「石屋」と耳にすると、多くの方はお墓を思い浮かべるのではないでしょうか。

確かにお墓に行くとその多くが石で造られており、石屋さんにより造られたものであることは違いありません。

ではなぜお墓が石で造られる事になったのでしょうか。

お墓は故人を礼拝する対象物なので、すぐに形が崩れてしまってはその意味を成しません。
そこで、屋外の風雨にさらされても平気な、重くてかつ文字の刻める石が利用されたのではないでしょうか。


同じように、寺社で見られる塀や階段、記念碑等にも石が多く使用されています。


こういった建造物は時が経っても健在で、むしろ年月の積み重ねにより、とても良い雰囲気を
かもし出しています。和風のみならず、諸外国の有名な建造物にも石が多く用いられています。
こういった『魅力のある石を、自宅の空間に用いていただくこと』が当社の願いです。


石が持つ風合い・高級感・耐久性などを利用することにより、他にはないひと味違った
あなただけのオリジナル空間を創造することができます。